RO浄水器・逆浸透膜浄水器メーカーEnglish

NSF International

NSF International
Certified

NSF/JWPA
Protocol P-72
環境向学社製RO逆浸透膜浄水器が「放射性物質(ヨウ素)除去浄水装置」として世界で初めてNSF認証を取得しました

(社)浄水器協会

(社)浄水器協会認証

JIS S 3021
家庭用浄水器の浄水能力試験方法について
共同研究

東京工業大学

東京農業大学

あんしんウォーター

小型逆浸透膜式浄水装置 ASDHO-1DF

超浸透水素水

RO逆浸透膜浄水器の環境向学(アクアストリート)HOME > お問い合せ・資料請求 > RO水とは?> ROの歴史

RO水とは?/ROの歴史

ROの歴史

 動物や植物の細胞膜は半透膜と呼ばれ水溶液から水の分子程度を選択的に透過させ、他の溶解物は通しません。高い圧力をかけることによって、純水は濃度の高い側から低い側へ、半透膜を通過して移動します。この『逆浸透膜』のメカニズムを応用した人口の薄膜の開発と共に、50年代にアメリカで海水淡水化の研究が始められました。

 アクアストリート「ROシリーズ」が採用している浄化システムはその世界最高レベルの浄化システムです。世界最先端のこのテクノロジー「逆浸透膜フィルター」を使って、水質の低下が著しい都市の水をクリーンで安全な水(=純水)に変える――欧米の家庭や企業で急速に普及しているこの新時代の浄水システムを、今アクアストリートが日本の皆さまにお届けします。

 

アクアストリートは世界最高レベルの浄化システムを採用

 

 

 

 

 

<前ページ |

 次ページ>