水道水、天然水、RO水、どれを選ぶ?

水の人体への役割

 乳幼児は約80%水分で構成されています。

 赤ちゃんの肌が柔らかいのは体内水分がもたらしていると言うことができます。

 つまり「体内水分」とは若さのバロメータということになります。

 人間(成人男子の場合)は一日におよそ2.5リットルの水分を必要とします。 生命維持に必要な水について、その重要性が見直されています。

水道水は大丈夫?

 世界的に、水道水は浄水場で原水の消毒に投入される塩素やろ過方法によって、大腸菌などの微生物を死滅させる事ができます。反面、有機物(水中の汚れ)と反応して、数々の発がん性物質が合成され、正体不明の危険な化合物が生成されていることは、各国の研究機関によって明らかになっています。

 塩素消毒は他に比べ経済的であること、家庭に届けられるまでに混入する可能性のあるバクテリアを殺菌できるので、安全性の観点から有効な手段ですが、負の部分が存在することも見逃せません。

天然水は大丈夫?

 名水百選といえども、大腸菌や化学物質、重金属などに汚染されているものも数多くある事が確認されております。

(『食品と暮らしの安全』2007年2月NO.214 NPO法人食品と暮らしの安全基金(旧称:日本子孫基金)発行より)

 「天然水はミネラル豊富」と言われることもありますが、ミネラルには2種類が存在します。

 有機(オーガニック)ミネラルと、無機(インオーガニック)です。

 有機ミネラルは、新鮮な野菜・果物・肉・魚から摂取でき身体に有用ですが、水中に存在する無機ミネラルは、腎臓結石の原因物質であるという研究結果もあり、決して人間の体に有効であるとは言えません。デリケートな赤ちゃんや子どもの場合、腎臓への負担になることがあり、飲ませるのを控えることをおすすめします。

 「ミネラル」と言われれば、多くの人はすぐに「健康」と連想しがちです。
 ミネラルは、有機(オーガニック)ミネラルとして、新鮮な野菜や肉、魚から摂ることが望ましいと考えます。

RO水は?

 現在では、多くのRO浄水器が出回っておりますが、環境向学アクアストリートのRO浄水システムは、体に有害なバクテリアや、無機ミネラルである重金属をはじめ、世界で唯一放射性物質を除去できるシステムです。

 また、加熱することなくろ過できるため、酸素や炭酸ガスを含み、飲み口もまろやか。

 赤ちゃんやペット、もちろん大人や老人までが安心して飲めて、コストも1リットルあたり1円と安価なため、敏感な肌をいたわるといった飲み水以外の用途にも利用できる「安全・安心」の水です。

どの水が経済的?

 現在、市販されているペットボトルの水は500ml約100円。高価なので、飲料水以外に使用するには向いていません。

 ウォーターサーバーの水もありますが、こちらは12ℓあたり約1500円。運搬車の排気ガスによる環境面への影響や、サーバー内の菌類の繁殖などを考えると、クレバーな選択とはいえません。

 安全・安心な水を飲料水として利用するなら、1ℓあたり約0.3円と経済的な水道水をRO浄水器でろ過する方法がベストです。コストが安いので、飲料水以外の用途にも利用できます。

価格比較

(1リットルあたり※上水・下水料金・電気代込みの価格)​

環境向学のRO逆浸透膜浄水システム
1円
ペットボトルの水
200円
ペットボトルの水
200円
宅配水
100円
宅配水
100円
問題点
  • ボトル入り水は飲用以外の用途に利用するには高価である
  • 放射性物質の除去能力の高さが証明されている浄水器を選びたい
  • 一回の使用毎に破棄される容器の処分や再利用の問題
  • 環境にも配慮したい             
解決するには
  • コストの安い水道水を原水として活用する
  • 逆浸透膜によって水道水を高純度ろ過する
  • 国際認証を取得したRO浄水器を選ぶ
  • (輸送や容器の必要ない方法を選び)環境負荷を低減する
これらの条件を満たすのは、

環境向学のRO逆浸透膜浄水システムです

ECO FRIENDLY

環境向学の環境への取り組み

いつでも安全・安心な美味しい水、そしてECO

RO逆浸透膜浄水システム

家庭用、業務・厨房用、自動販売機型の純水供給装置など多数の製品を取り扱っております。

詳しくは下記の製品情報をご覧ください。