視覚障害者のための日本料理教室に「RO純水」を提供しました。

「百聞は一食にしかず! 視覚障害者の日本料理教室」(主催:NPO法人グローイングピープルズウィル)に、弊社の「RO純水」を調理用水として提供しています。

視覚障害を持つ方を対象に、日本料理を体験してもらう料理教室が開催され、講師には元服部栄養専門学校日本料理主席教授の中山篤先生をお招きし、基礎全6回コースが開催されています。ボランティアの皆様のマンツーマンのサポートにより、安心に料理ができるような配慮もなされ、皆さんはお正月料理にもチャレンジされました。

なお、主催者や参加された方々からのコメントとして、視覚障害をお持ちの方々は味覚感性に優れた方々が多く、弊社提供の「RO純水」に関しては、

1.素材のうまみが感じられた
2.美味しいばかりでなく安心して試食できた
3.水に関する関心がとても高まった

と高い評価をいただくことができました。